自然堂 夢の道標

  人生のあらゆる局面に 『心の在り処‐サンクチュアリ』があります。       そしてそれは、言葉で出来ています。                         あなたが人生を、楽しく幸せに活きていくための道標になるように、      心の言葉を紡いで、道端において往きますね。                  お役にたてば幸いです。                 自然堂夢 拝

2013年04月28日

『憤り』と『怒り』 一語一得?(ひとかたり、いっとく?)

『憤り』は感情です。

『怒り』は所作(感情の表現)です。



鬼の感情.jpg



だれかが、目の前にいるとき

「あの人は、憤っているらしい」と感じます。
らしい…という言葉を使うという事は確定できないということ。

けど、「あの人は怒っている。」と断定できるのは、
見てわかる事象に基づいた判断だからです。

ここらへんの区別がつくと、巷の「体罰問題」も方法性が見えると思うんだけどな。。。

『憤り』の感情は行動のエネルギーになることもあるけど、
それを自己消化するために、表現として『怒る』のは、決して相手の為になるわけじゃないよね。

相手の為には、『怒る』じゃぁなくて、『叱る』であって、
それは『憤り』の感情に基づくんじゃなくて、やっぱり『愛情』に起因している『所作』だと思う訳です。

指導者と呼ばれているみなさん、御一考を・・・  『愛の叱責』  自然堂夢 拝
posted by 自然堂夢 at 20:14| Comment(0) | 『一語一得』 言霊の定義 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
   
【送料無料】社長失格 [ 板倉雄一郎 ]

【送料無料】社長失格 [ 板倉雄一郎 ]
価格:1,680円(税込、送料込)

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。